ネット上に奇天烈な噂が流れている。その噂とは、

 「7月9日を境に在日コリアンが摘発され本国へ強制送還される」

というものだ。普段、この手の話はスルーしてしまうことが多いのだが、今回だけは、敢えて乗ることにした。在日コリアンである私からすれば、たとえデマであっても、こうした話が流れること自体、まったく無視すべき現象ではないからだ。

実際、身の回りでもこんなことがあった。

あるネットの討論番組に出演した際、同席した評論家がこの「ウワサ話」を持ち出した。大真面目に「強制送還説」を展開するので「それはネット右翼が流したデマですよ」と指摘した。しかし相手は「7月9日になれば全てわかる」となかなか持論を引っ込めない。

こんな荒唐無稽な話を真に受けていたら、その評論家の評価に関わる。そんな善意から、収録後も繰り返し「法務省で確認しましたか?」と問うたところ、「うーん…」とうなっただけで、何も言わなくなってしまった。

それっきり、この話題はすっかり記憶から抜け落ちていたのだが、7月9日を前にして、またもや同じ話がツイッターなどで流れてくるようになった。噂によると、そこそこ有名な著述家までもが、このウワサを信じきっているらしい。そして、ウワサは確実に「悪質なデマ」に転じ、拡散されていた。

もっとも、この手の話はわかりやすい。何よりも日付がハッキリしているので、その日を境に事実が明らかになるからだ。まずは「7・9在日強制送還説」おおまかにまとめる。

●「外国人登録証明書の廃止・特別永住者証明書への切り替え」をもって在日朝鮮人の通名使用が禁止される。使用したら不法滞在とみなされ、強制送還となる。

●7月8日までに在留カードを更新せねばならず、しなければ不法滞在。入管に通報すれば即時、強制送還にできる。

●韓国の兵役義務を満たしていない在日にはパスポートが発給されず、特別永住者証明書の切り替えができないので不法滞在となり、強制送還される。

事実なら確かに大変なことだ。ということで、ちょうど私も特別永住者証明書への切り替え時期だったので、確認も兼ねて居住地の市役所で手続きすることにした。

ちなみに、私が市役所で手続きしたのは本日、7月10日である。その前に一度、手続きに訪れていたのだが必要書類が足りず、担当者から「9日以降でも大丈夫です」と言われて出なおしたのだ。

以下は、その時のやり取りである。

私:特別永住者証明書の手続きで書類を提出に来ました。

担当者:はい。書類は、全て確認しました。

私:ところで、私は使用していないのですが通名が廃止になるとか?

担当者:いえ、新しいカードには記載されませんが、以前と同じく基本的に公的書類にも普通に使用できます。

私:9日以後、在日コリアンが日本から強制送還になるとか……?

担当者:はぁ?そんなことまったくありません。

これだけである。ちなみに、韓国大使館関係者にも確認したところ、兵役義務の話もまったくのデマであると改めて確認できた。

以上、笑い話で済ませても良いぐらいのものだが、それでもこうしたデマに厄介な“機能”が備わっているのも事実だ。

おそらく今後、レイシストや排外主義者の一部(あるいは相当部分)は、この「7・9在日強制送還説」を根拠に、合法的に滞在している在日コリアンや在日外国人に対して「お前たちは法的に全て不法滞在者だから出て行け!」という罵声をぶつけるだろう。一部では、すでにこの通りの展開が見られ、あるネトウヨサイトでは私自身が「不法滞在者摘発リスト」に入れられているらしい。

今回、この話題を取り上げたのは、何の根拠もないデマ情報を信じるネトウヨの情弱ぶりをあげつらうためではない。レイシストや排外主義者は確信犯的に、この悪質なデマ情報を利用していることを指摘するためだ。

デイリーNKジャパンに掲載した鼎談のなかで、排外デモへのカウンター行動を展開する野間易通氏が、次のように述べたことを思い出した。

「リベラルな人たちが『マンガ嫌韓流』のようなおかしなものに文句を言って、レギュレーションをかけようとしなかった結果、レイシストをのさばらせてしまった」

たとえ下らないデマに過ぎずとも、その都度きちんと論破して潰しておく。「ヘイトクライム」を防ぐには、そういった手間を惜しんではならないのだ。

【関連記事】
ヘイト本はいかに蔓延したのか
ネットの匿名言論は理想じゃなかった

高英起(コウ・ヨンギ)

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記

    関連記事