北朝鮮の朝鮮中央テレビは7日に、昨年8月に広まった健康悪化説で公の場から姿を消していた金正日の様子を動画で公開した。昨年8月以後、金正日の写真は数回公開されたが動画は初めて放映された。

中央テレビは午後7時に、昨年8月から12月までの金正日の活動を編集した記録映画を1時間ほど放送した。

これは北朝鮮が通信衛星だと主張している「光明星2号」の発射映像を公開する直前に放送されたものだが、金正日の健在ぶりを北朝鮮の住民に知らせるための映像だと考えられる。

しかし、金正日の健康に問題があったと思われた昨年8月中旬から11月下旬までの活動については取り上げていない。8月初旬に咸鏡北道の牧場や山林を現地指導した内容を流した後、11月24日に新義州を訪問した内容に飛ぶ。記録映画の大半は12月の現地指導の内容が占めている。

また、健康悪化説の前には活発に歩いたり会話をしている時も両腕を大きく振っているが、12月の映像には歩く姿もなく、腕もほとんど右腕を使っている。こうした点から、やはり体に異常が生じたと考えられる。

記録映画に出てくる金正日の動きに差が見られることから、脳血管関係の病気に侵されているという一部の主張に信憑性があるとも思われる。

だが、12月11日以後の金正日の動きは非常に自然だ。12月11日に沙里院の鶏工場を訪れた際には左腕を胸まで上げていた。12月18〜19日に慈江道の機械工場を訪問した後、公演を観覧した時は両手を顔まで上げて拍手をしている。

このように北朝鮮が金正日の姿を公開するのは、金正日が快復したことを国内外に知らせるためだと考えられる。

一方、金正日の健康問題について国家安保戦略研究所のナム・ソンEク所長は1日に、「最近の中国からの情報によると、1月からダイエットしているそうだ」と話した。金正日の長男である金正男も先月30日に中国の北京国際空港で金正日のやせた姿について、「人間は年を取ればやせる。太っているよりはやせた方がいい」と話していた。

    関連記事