2016年に行われる米大統領選の民主党有力候補、ヒラリー・クリントン前国務長官が7日、遊説先のアイオワ州アイオワシティーで、中国やロシア、北朝鮮、イランなどの国によるサイバー攻撃が米国の安全保障や企業活動にとって大きな脅威となっていると述べた。韓国の聯合ニュースが現地発で報じた。

クリントン氏は「中国だけではない。ロシア、北朝鮮、イランなど他の政府が直接的あるいは間接的にハッキング行為を支援していることは分かっている」「テロ組織がそれを利用することをわれわれは懸念している」などと発言。

また、「米政府と民間セクターはこれが深刻な脅威であることを認識する必要がある」として、情報保護に向けた連邦政府などの対応が十分でないことに懸念を示した。