5.18光州民主化運動、日本では光州事件と呼ばれる事件が起きたのは1980年のことだ。

1979年12月12日のクーデターで政権を握った全斗煥氏が翌年5月17日に韓国全土に戒厳令を発令、それに反発した全羅南道光州の市民の抗議活動を武力で鎮圧したものだ。

暴力的な鎮圧で、政府に公式認定されただけでも現場での死者165人、後遺症による死者が376人、行方不明者76人、負傷者3139人という膨大な犠牲が出た。実際の犠牲者数はこれをはるかに超えると言われている。

北朝鮮の労働新聞は今年5月18日の紙面に掲載された光州事件の解説記事で、「光州人民蜂起は米国の植民地支配と全斗煥、盧泰愚一味の暴悪な軍部ファッショ独裁統治を終わらせ自主、民主、統一を成し遂げるための南朝鮮(韓国)人民の血の滲む反米反ファッショ愛国闘争」「戦時でもない平和な時期に民主主義のために決起した市民たちを無慈悲に大殺戮作戦を繰り広げ都市全体を身震いのする血の風呂にした光州大虐殺蛮行は東西古今の歴史で見当たらない最も残忍無道な行為」と紹介している。

また、「身震いのする光州大虐殺蛮行を裏で操っているのは米国」「米国の庇護と全的な支持で血なまぐさい殺戮蛮行で5000人あまりが無残に虐殺され1万4000人あまりが重軽傷を負い、歴史に類を見ない流血惨劇が繰り広げられた」と米国と韓国を非難している。

きっかけは「密告」

ところが、北朝鮮でも「光州事件」同様に決起した市民への「大虐殺蛮行」が行われていた。以下、韓国の各メディアに掲載された脱北者の証言を元に事件のいきさつを再構成した。