北朝鮮の国防委員会は25日、朝鮮戦争の開始から65年を迎えて声明を発表。米国が「第2の朝鮮戦争を挑発」しているなどと指摘するとともに、「米帝の五体を引き裂くための全世界的な反米対決戦に決起」するよう世界に向かって呼びかけた。

声明を報じた朝鮮中央通信の記事全文は次の通り。

【平壌6月25日発朝鮮中央通信】共和国国防委員会は、米帝がこの地で侵略戦争の火ぶたを切った時から65年になることで25日、声明を発表した。

声明は、世代も交代し、山河も変わったが、今日も朝鮮半島では戦争も平和でもない不安定な事態が持続していると明らかにした。