過激派武装勢力の「イスラム国」(IS)が23日、捕虜たちを殺害する場面を収めた新たな動画を公開。その残虐な手法が衝撃を呼んでい

動画は約6分間で、「イスラム国」が拠点としているイラク第2の都市・モスルで撮影されたと見られる。

 この動画に収められた殺害方法は3通り。
 ひとつは、4人の男性を閉じ込めた車両を対戦車ロケットで撃ち、車両ごと焼き殺す場面を収録。
 次に、5人の男性を閉じ込めた鉄製の檻をクレーンでプールに沈め、彼らが水中で溺死する様子を檻に取り付けたカメラで撮影している。
 最後に、ひざまずかされた7人の男性の首に爆発物を巻き付け、起爆して殺害している。
 「イスラム国」は、6月で「国家」の設立を宣言して1年になるのに際し、敵対勢力や地域の人々の恐怖心を煽る心理戦を強めているものと見られる。ただ、この動画が国際社会からさらなる怒りを買うのは確実。「イスラム国」攻略に向けた対策の強化が望まれる。

IS_20160623
「イスラム国」が23日に公開した動画からのキャプチャ

    関連記事