韓国政府は24日、北朝鮮で無期労働教化刑(無期懲役に相当)の判決を受けた男性2人を含む、拘留されている4人の韓国人の釈放のために「外交的努力」をしていると明らかにした。

韓国統一相の林丙哲(イム・ビョンチョル)報道官は同時の定例記者会見で、「2人(金国紀、崔春吉)だけでなく、抑留されているキム・ジョンウク宣教師とチュ・ウォンムン氏の合計4人の韓国国民の早急な釈放と送還のために国際機関及び関係国と協調している」としながら「多角的な努力を現在払っている」と付け加えた。

一方、北朝鮮の対南サイト「わが民族同士」は23日、スパイ容疑で拘束していた韓国人男性、金国紀(キム・グッキ)氏と崔春吉(チェ・チュンギル)氏の2人に対する裁判の映像を公開。金国紀は、「私は過去10年間、重大国家秘密を国家情報院に提供し、国家政治テロ犯罪行為に加担した者だ」と述べながら「私の罪は、いくら死んでも償えない」という言葉で締めくくった。