北朝鮮の最高裁判所は23日、「反共和国偵察・謀略行為」を働いたとして拘束していた韓国人男性、金国紀(キム・グッキ)氏と崔春吉(チェ・チュンギル)氏の2人に対して「無期労働教化刑」の判決を言い渡した。

北朝鮮が「韓国のスパイ」と発表した男性の記者会見の様子/朝鮮中央通信
今年3月北朝鮮は「韓国のスパイ」として逮捕した男性の記者会見を開いた/朝鮮中央通信

北朝鮮当局は今年3月、金氏と崔氏の2人を逮捕したと発表。平壌で内外の報道機関を集め、2人の記者会見を開いていた。

判決を報じた朝鮮中央通信によると、裁判では「共和国刑法第60条(国家転覆陰謀罪)」「第64条(スパイ罪)」「第65条(破壊・謀略罪)」「第221条(不法国境出入罪)」の罪に問われ、審理の過程で2人は、犯罪事実を認めたという。

検事は論告で、「特大型国家政治テロ、社会主義制度と国家の安全を侵害した行為」として死刑を求刑したが、弁護人が「繁栄する社会主義朝鮮の姿を直接目撃しながら自分らの犯罪をより深く悟るように」と死刑以外の刑罰を主張。判決は、無期懲役に値する「無期労働教化刑」が言い渡された。

朝鮮中央通信は、今回の事件が「米国と南朝鮮のかいらい一味こそ国家政治テロの元凶、謀略の首かいである」としながら、「同調する者はどんなに悲惨な末路に処するのかをはっきりと示している」と韓国人男性2人を非難した。

【関連記事】
かいらい情報院のスパイらに対する裁判(全文)
金正恩「侮辱マンガ」とエロビデオを北朝鮮に投入
超極秘「花豚事業」にエロビデオ投入作戦 

    関連記事