自転車とバイクの保管料は、それぞれ1時間に300ウォン(約4.5円)、600ウォン(約9円)。少額だが、車両の出入りが激しく、商売上、1日10時間以上も停車する住民もいることから着服も朝飯前だ。

さらに、市場というビジネス空間にいることから、自然と商売のノウハウも学べる「おいしいポスト」というわけだ。

【関連記事】 
北朝鮮、企業化する「砂ビジネス」の実態
北朝鮮の市場でテナント数が大幅増加

    関連記事