北朝鮮の朝鮮中央通信は18日、中東呼吸器症候群(MERS=コロナ・ウィルス)の予防、治療に北朝鮮で開発、製造された「クムダンー2」注射薬が効果的だと主張する記事を掲載した。

クムダン-2注射薬のポスター(画像:朝鮮の今日)
クムダン-2注射薬のポスター「鳥インフルエンザ予防」を謳っている。(画像:朝鮮の今日)

同通信は、保健省保健経営学研究所のチェ・チャンシク所長の解説を紹介。SARSやエボラ出血熱、MERSには「北朝鮮で生産されている強い免疫復活剤『クムダン-2注射薬』で十分に治療することができる」と豪語した。

    関連記事