北朝鮮の艦艇が今月だけですでに4回、朝鮮半島西側海上(黄海)の軍事境界線にあたる北方限界線(NLL)を侵犯して韓国側に入った。韓国軍合同参謀本部が明らかにした。

北朝鮮の漁業指導船が11日に2回、12日と16日にもそれぞれ1回、韓国側に入った。11日と16日は韓国海軍の警告を受けて北側に引き返した。12日にはNLLの南方に約200~400メートルほど入り込み、韓国艦艇から警告射撃を2回受けた後、北側に戻った。

今年に入ってから先月まで、北朝鮮艦艇がNLLを越えたのは4月21日と5月16日の2回だけ。1回は機器の故障によるものであることがわかっている。

今月になって侵犯が急増していることについて、「領海侵犯は意図的なもので、挑発の性格が強い」とする分析がある一方で、韓国軍関係者からは次のような話も聞かれる。

「中国のワタリガニ漁船の取締りのため、追跡中にNLLを越えてしまうケースが頻発しているようだ」

北朝鮮海域では4月、中国漁船に対する取締りの過程で、北朝鮮海軍が中国人船員を射殺する事件が発生している。

【関連記事】北朝鮮、違法操業の中国漁船員を射殺…「正当防衛」と主張

    関連記事