当選者には引換券が渡される。その引換券を抽選所に持って行くと商品と引き換えてくれるが、安物を渡されたり全く別のものを渡されたりすることもあるという。

サッカーシーズンの2月から10月まで、抽選所所長や道の労働党、人民委員会の体育担当幹部はこのような手法でカネを着服し笑いが止まらないようだ。

住民たちがこのようなインチキに気付かないはずがない。「表向きは抽選イベントだけど、結局は幹部たちの金稼ぎ。労働も投資もせずにじっとしているだけで濡れ手に粟だ」と非難の声が上がっている。

【関連記事】
北朝鮮で「メッシ」が大人気
サッカー・ブラジル代表選手らが北朝鮮訪問か
北朝鮮軍の祝日はごちそう、スポーツ、カラオケ大会

    関連記事