北朝鮮の労働新聞によると、女性に最も人気がある化粧品は「ポムヒャンギ(春の薫り)」「銀河水(ウナス)」ブランドだが、実は韓流コスメが最も人気がある。そのなかでも、高価格帯の機能性化粧品が大人気だと米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。

韓国の訪問販売、通信販売専門化粧品(画像:Gigibe.net)
韓国の訪問販売、通信販売専門化粧品(画像:Gigibe.net)

肌のシワをなくしてリフトアップする高価格帯の韓流コスメは、中国をはじめとしてアジア各国で販売されているが、RFAによると、北朝鮮の某有名貿易会社も輸入している。気になるお値段は300元(約6000円)と非常に高価だ。

禁制品の韓流コスメだが、やはり賄賂が行き交って税関を堂々と通貨する。また、中国製に混じって販売されるケースもある。主な顧客層は、高級幹部の夫人や愛人だ。値段が張る韓流コスメだが、高級幹部の夫人たちやトンジュ(金主、新興富裕層)からすれば「顔のシワを取って若返ることができるなら何百ドル払っても惜しくない」とのこと。

韓国製化粧品のハイエンド化粧品「雪花秀」(画像:AMORE PACIFIC)
韓国製化粧品のハイエンド化粧品「雪花秀」(画像:AMORE PACIFIC)

北朝鮮で販売される化粧品は、韓国でも特に広告をしているわけではなく、通販や訪問販売で売られている高級品だ。一体、どのようなルートで北朝鮮に入ったのか不思議だと韓国の業界関係者も首を傾げているというが、ある消息筋は次のように語った。

「開城(ケソン)工業団地の韓国企業関係者が、北朝鮮の幹部に高級化粧品をプレゼントとして贈ったところ、口コミで平壌に評判が伝わった。それを知った北朝鮮の貿易会社が秘密裏に輸入したのでは」

女性の美と健康へのコダワリは、万国共通のようだ。

【関連記事】
韓国のコーヒーを飲みながら韓国製品を取り締まり
北朝鮮の市場から姿を消した「チョコパイ」
韓国のヘアスタイルに憧れる北の若者達
韓流コスメが北朝鮮女性のマストアイテム
平壌で韓国製品の訪問販売が人気

    関連記事