キムさんによると、北朝鮮で人気のある職業ベスト3は(1)映画俳優(2)歌手(3)アナウンサー。アナウンサーは3位だが、幹部クラスの扱いで教育システムも特別だという。

キムさんも師範大学(教育大学)に在学中、平壌演劇映画大学の教授が学生の選抜にやって来たことがあるという。運良く選ばれて、10回に及ぶ試験を経て、無事演劇映画大学に入学できた。

試験で、最も重視されるのは実技の点数だ。歌や喋り、即興芝居まで、こなさなければならない。

元朝鮮中央TVの職員のチャン・ヘソン(1996年に入国)さんによると、朝鮮中央TVのアナウンサーになるには、数々の難関を突破せねばならないという。

また、アナウンサーの卵は、朝鮮中央放送の「話術専門家」によって1年間の教育を受けるが、北朝鮮らしい「ある事」をたたき込まれるという。

    関連記事