シンガポールで開かれている14回アジア安全保障会議(シャングリラ対話)に出席した日本の中谷元防衛相は30日、韓国の韓民求(ハン・ミング)国防長官と4年ぶりとなる日韓防衛相会談を開いた。

韓国メディアによると、ハン国防長官は「朝鮮半島有事の際に日本の集団的自衛権行使は、韓国の同意なしに領域内に入ることがないよう確認」。これに対して中谷防衛相は、いかなる場合にも国際法に基づいて、他国の領域内で日本の自衛隊が活動する場合、その国の同意を得ることが日本政府の方針であり、これは韓国も当然該当すると答えたという。

両国は、こうしたコンセンサスをもとに朝鮮半島における自衛隊の集団的自衛権行使の問題を議論する実務協議を進めていくことで同意したという。

【関連記事】
韓国、ADBに740億円を支援
芸術関係者を機関銃で処刑
北朝鮮「無尽強大な力で撃滅」