北朝鮮の労働新聞は30日、韓国政府が北朝鮮の核・ミサイル問題をめぐり国際関係を強化していることに対して「外部勢力の侵略的な対外戦略にの実現に乗せられる愚かな反族反逆行為」と非難した。

2015年5月30日付労働新聞6面
2015年5月30日付労働新聞6面

北朝鮮の核・ミサイル問題をめぐっては、26日から日米韓の6カ国協議主席が会合を行い、北朝鮮を対話へ誘導するために、経済制裁などの圧力を高めていくことで一致しているが、こうした動きに対する反発と見られる。