北朝鮮メディアが9日に「成功」と報じた潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の発射実験について、実際には潜水艦が使用されたのではなく、水中に沈めたプラットフォーム(発射台)からの射出実験だったとの見方が出ている。

SLBM03
潜水艦搭載型のミサイル発射実験を視察する金正恩氏/2015年5月9日付労働新聞より

米ジョンズ・ホプキンズ大の北朝鮮分析サイト「38NORTH」は13日、北朝鮮専門家ジョセフ・バーミューデス氏のレポートを掲載。同氏は10日に撮影された商用衛星写真を分析したところ、北朝鮮東海岸の新浦(シンポ)にある潜水艦基地に、新型潜水艦と共に、長さ22メートル、幅10メートルの発射台が係留されているのが見つかったとしている。近くの陸上部には長さ9.5メートル、直径1.5メートルのミサイル発射管と見られる物体も置かれているという。

この種の発射台を使用した北朝鮮のミサイル実験については、昨年2月にも、米国のニュースサイト、ワシントン・フリー・ビーコンが報じている。

北朝鮮は、潜水艦からの本格的な発射実験に向け、その前段階として発射台からの射出実験を繰り返している可能性がある。

【関連記事】
北朝鮮の弾道ミサイル潜水艦開発に「日本企業」の影
北朝鮮版「ランボー」がたどった数奇な運命
米軍機26機を撃墜した「北の戦闘機乗りたち」
第4次中東戦争が勃発、北朝鮮空軍とイスラエルF4戦闘機の死闘
北朝鮮空軍創建の主役リ・ファルは、日本の操縦士出身
北朝鮮の「新型ミサイル」「ステルス艇」に不吉な予感