人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

北朝鮮が中・長期的に先軍政治に対する民族的支持を確保、これを統一政治に発展させて、連邦制の統一の基盤にする対南戦略を駆使するはずだという予測が提議された。

自由民主研究学会(会長チェ・ソンホ)は28日、朝鮮半島フォーラムと共同で行う、‘先軍政治の実体’を主題にしたセミナーで、’先軍政治の拡散’ 注意報を主張する予定。

学会の会長であるチェ・ソンホ中央大教授は、事前に配布した文章で、“北朝鮮の対南事業部署は、韓国内の親北朝鮮勢力に、先軍政治に対する広報・宣伝を強化するだろう”と語った。

チェ教授は“北朝鮮は先軍路線を、住民たちが金正日の周りに団結するようにする原動力にする一方、韓国の人々も拒否感の代わりに親近感を持つようにするために、百方手を尽くすだろう”と指摘した。

更に、“北朝鮮の先軍路線は、金正日の唯一領導体制を裏付け、体制統合及び内部結束イデオロギー、ひいては甚だしい人権弾圧の機高ニして活用される”と、これを批判した。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

また、“対外的には自衛的抑制力(核・ミサイルなど)の強化路線、対米軍事的対決路線、国際社会との核の賭博など、核の脅威を標榜・擁護・正当化する政治路線である”と付け加えた。

これと関連し、ユ・ドンリョル治安政策研究所研究官は、“北朝鮮は対南戦略のレベルで、先軍路線を多方面に宣伝、扇動している”と述べ、“今年の初めからは、いわゆる‘大韓民国先軍政治研究委員会’という地下組職が、国内のサイバー空間に登場し、先軍政治シンドロームを拡散させている”と明らかにした。

ユ研究官が提示した‘大韓民国先軍政治研究委員会’が作成した資料によると、北朝鮮は“南側の親米保守勢力に、北朝鮮の先軍は青天の霹靂で思わぬ災難”、“北朝鮮の先軍はますます進歩改革勢力に有利な政治地形を形成している”と主張している。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

これに対してユ研究官は、“対南先軍政治の統一戦線を瓦解させる民間レベルの統一戦線瓦解戦線(一名反統戦自由民主戦線)を、ネットワーク化しなければならない”と主張した。

    関連記事