朝鮮人民軍(北朝鮮軍)が、14日午後7時10分頃から9時40分頃まで、黄海上の北方限界線(NLL)の海上で砲撃訓練を実施したと韓国合同参謀本部が伝えた。

参考写真:朝鮮人民軍の軍事演習で攻撃目標となり砲火を浴びる島
参考写真:朝鮮人民軍の軍事演習で攻撃目標となり砲火を浴びる島

訓練では、艦砲や海岸砲など約190発を発射。韓国側には着弾しなかった。?北朝鮮軍は、13日午後9時〜10時25分にかけても北朝鮮軍は海上から艦砲と海岸砲など約130発を発射しているが、二日連続の砲撃訓練は極めて異例だ。

また、夜間に射撃訓練をするのは異例であり、夜間の攻撃力を強化する狙いがあるとみられている。

北朝鮮は8日、韓国海軍が黄海で領海侵犯を繰り返しているとして攻撃を警告していた。これに対して韓国の朴槿恵大統領は12日に開かれた高官会議で「挑発には断固報復せよ」と指示していた。

【関連記事】
北朝鮮の「新型ミサイル」「ステルス艇」に不吉な予感?
北朝鮮のミサイル開発は空軍のエジプト派遣から始まった
第4次中東戦争が勃発、北朝鮮空軍とイスラエルF4戦闘機の死闘
北朝鮮のミサイル潜水艦開発、「日本企業」の影
北朝鮮のミサイル潜水艦、自衛隊と対峙