韓国の朴槿恵大統領は12日午前、大統領府で外交安保長官会議を開いて、北朝鮮の武力挑発への対応策を議論する。

潜水艦からのミサイル発射実験/2015年5月9日付労働新聞より
潜水艦からのミサイル発射実験/2015年5月9日付労働新聞より

北朝鮮は8日、韓国海軍の艦艇に対して「我が軍海上境界線を侵犯」した場合は今後、予告なしで照準射撃を加えると警告。さらに9日、潜水艦弾道ミサイル(SLBM)発射実験を行った。

ミン・ギョンウク大統領報道官は、この日午前の記者会見で「朴大統領は、閣議の直後外交安保長官会議を開き、北朝鮮のSLBM射出試験など、最近の安全保障状況について、対応策を確認している」と述べた。

会議には、外交相、統一部長官、国防部長官、国防長官、国家情報院長など外交や安保を担当する高官が参加する。

【関連記事】
北朝鮮の弾道ミサイル潜水艦開発に「日本企業」の影
第4次中東戦争が勃発、北朝鮮空軍とイスラエルF4戦闘機の死闘
北朝鮮の「新型ミサイル」「ステルス艇」に不吉な予感