北朝鮮が脱北者団体の対北朝鮮ビラに対応して、高射銃を追加配備していることが明らかにされた。

韓国軍関係者は10日、韓国メディアに「北朝鮮が、対北朝鮮ビラに対応して風向計を西・中部地域に設置して撃破するための高射銃を追加配備した。砲兵戦力を動員しながら風船対応射撃の訓練を継続している」と明らかにした。

韓国の脱北者団体は、先月15日にも京畿道金浦市でビラ30万枚と金正恩氏暗殺を描いたパロディ映画「ザ・インタビュー」が入ったDVD5000枚、USB5000個、1米ドル紙幣1000枚と風船にくくりつけて北朝鮮の方向に向かって飛ばしている。

これに対して、北朝鮮は「南朝鮮は我々の警告と対応打撃が怖くて人間醜物を諌めるふりをしたが、それは決して本心ではなく諌めてすらいない」などと厳しく批判していた。

【関連記事】
北朝鮮の弾道ミサイル潜水艦開発に「日本企業」の影
北朝鮮版「ランボー」がたどった数奇な運命
米軍機26機を撃墜した「北の戦闘機乗りたち」
第4次中東戦争が勃発、北朝鮮空軍とイスラエルF4戦闘機の死闘
北朝鮮空軍創建の主役リ・ファルは、日本の操縦士出身
北朝鮮の「新型ミサイル」「ステルス艇」に不吉な予感