韓国政府が最近、対日外交の懸案問題を総括・調整するタスクフォース(特別チーム)を稼働させている。韓国の聯合ニュースが10日、複数の政府関係者の話として報じた。

タスクフォースは外務省の第1次官か次官補が主宰し、定期的に省内外の専門家による会議を招集。外務省で対日関係を担当する北東アジア局以外にも、必要に応じて北米局や国際機関局、北東アジア歴史財団などの外部機関も参加しているという。

タスクフォースを設置する必要性は先月8日に開かれた政府・与党の懇談会で、竹島問題などについて話し合われる中で言及された。

韓国政府はほかにも、国立外交院のシンクタンクである外交安保研究所の傘下に「日本研究センター」(仮称)を設置することも検討している。

【関連記事】山口と韓国にまたがる「王国」【安倍一族の「在日人脈」と「金脈】」