韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は4日、米議会での安倍晋三首相の米議会両院合同演説について「近隣諸国との信頼を高められる機会を生かすことができなかった」と評価した。

朴槿恵韓国大統領/2015年5月4日大統領主宰首席秘書官会議にて(青瓦台サイトより)
朴槿恵韓国大統領/2015年5月4日大統領主宰首席秘書官会議にて(青瓦台サイトより)

中南米の外遊先から帰国して体調を崩していた朴大統領はこの日、一週間ぶりに仕事に復帰。主席秘書官会議の場で、このように述べた。

安倍首相の演説に対して批判する一方で、「日韓関係など外交問題は、別の次元」と述べながら「外交目標を達成するために、今後も積極的な努力を尽くす」と述べた。

さらに、「落ち着きながら強力な外交と実利外交を繰り広げることが重要だ」と述べながら、歴史問題を追求しながら、安保、経済の協力を進める外交方針「ツートラック戦略」を進める姿勢を明らかにした。