北朝鮮は2日、韓国系の米国人大学生を不法入国の疑いで拘束したことを、朝鮮中央通信を通じて明らかにした。

拘束されたと伝えられているのは、ニュージャージー州在住のニューヨーク大生・朱元文(チュ・ウォンムン)氏(=21歳)。米ニューヨーク・タイムズなどの報道によると、朱氏は同大スターン・ビジネススクールの3年生だという。

一方で韓国政府は3日、朱氏は米国の永住権を持つが、国籍は韓国であると明らかにした。

同氏が置かれた状況などについて、朝鮮中央通信は次のように伝えている。

(朱氏は)4月22日、中国丹東から鴨緑江を渡って不法入国し、取り締まられた。
????現在、共和国の当該機関が朱元文に対する調査を行っており、彼は自分の行為が共和国法を侵害した重大な犯罪であることを認めた。―――

北朝鮮は過去、こうして拘束した米国市民を米国政府との駆け引き材料にしてきた経緯がある。

【関連記事】北朝鮮発表の「韓国人スパイ」は宣教師…「正日氏の暗殺狙った」と告白会見

    関連記事