中国の上海で29日から開かれていた日本と韓国、中国の環境大臣会合は最終日の30日、今後5年間で連携して取り組む共同行動計画を採択した。

共同行動計画には、微小粒子状物質PM2.5に代表される大気汚染対策や水や海洋環境の保全、気候変動への対応など9つの分野での協力が盛り込まれた。

pm25
大気汚染の深刻な中国の都市部(参考写真)