北朝鮮の国連代表部外交官が、国連主催の討論会を妨害するという異例の事態が起きた。

韓国の聯合ニュースによると、アメリカと韓国の国連代表部は30日(現地時間)、国連本部で北朝鮮による人権侵害をテーマにしたパネル討論会を開催したが、一人の脱北者が証言を終えた時、北朝鮮のイ・ソンチョル参事官がいきなり声明を読みはじめた。

司会者が「後で発言権を与える」と止めるよう促したが、イ参事官は、「脱北者たちは、祖国を捨てた裏切り者だ。こんなイベントは、北朝鮮政権を揺るがすために米国が作ったもの」と主張。周囲の脱北者からは「中断せよ」と怒号が飛んだが、イ参事官は気にせずに声明を読み終えて退場した。

北朝鮮の外交官は、討論会開始前にも、同じ主張を盛り込んだ声明文を配布したいた。

【関連記事】
横田めぐみさん弟、北朝鮮人権シンポで訪米
十代で売られる少女、軍隊内での性暴力の横行
北朝鮮の人権侵害に米国が制裁発動を準備