韓国のソウルにある北朝鮮大学院大学は4月30日、創価学会名誉会長で創価学会インタナショナル会長の池田大作氏を名誉客員教授とすることを明らかにした。

同日、韓国の聯合ニュースが報じた。

報道によれば、大学側は「池田会長は平素から朝鮮半島と東北アジアの平和のために様々な努力をしてきており、そのことなどを考慮した」と説明している。

また、聯合は池田氏について次のように紹介している。

「離散家族面会所の非武装地帯での開設、国連アジア本部の活用などを提案する一方、在日韓国人の参政権獲得を支援するなど、朝鮮半島の平和増進と望ましい韓日関係確立のために努めてきた」

2005年に設立された北朝鮮大学院大学は、北朝鮮の政治・経済・文化に関する研究と、朝鮮半島統一に備えた人材育成を目的としている。

    関連記事