3月に処刑された北朝鮮「銀河水管弦楽団」のメンバーら4人の凄惨きわまりない殺され方について、米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が伝えている。

平壌在住の情報筋がRFAに語ったところによると、韓国国家情報院のスパイとして逮捕されたキム・グッキ氏と関係を持ったかどで銀河水管弦楽団の総監督、40代の男性初級幹部2人、40代女性の合計4人が平壌郊外の「美林ポル」という場所で銃殺された。

総監督は60年代に日本から帰国した在日朝鮮人で、ロシア留学後に総監督に就任、作曲と編曲を担当していた。今回処刑された4人の具体的な容疑は明らかになっていないが、処刑が執行される直前に韓国のスパイと関係を持ったとの内容が読み上げられたという。

全裸で銃殺

銃殺刑は、北朝鮮では珍しくない。

しかしこのときの処刑は、平壌在住の芸術関係者400~500人を集めた中、4人全員を裸にして立たせ、2丁の機関銃を体が粉々になるまで乱射したという。

こうした様子について伝え聞いた人々は、あまりの惨たらしさに驚きを隠し切れない様子だと情報筋は伝えている。

情報筋によると、処刑された人物の家族はいつの間にかどこかに消え去るのが常だが、今のところ、処刑された総監督らの家族は平壌に残っているという。しかし、外出している様子がうかがえないことから軟禁状態にあると見られ、まもなく収容所や山奥に送られる可能性が高いと伝えた。

【関連記事】 「喜び組」に新証言「最高指導層の夜の奉仕は…」

    関連記事