国連安全保障理事会で24日、激しい内戦が続くシリアの人道状況を巡る公開討論が開かれ、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の特使を務めるアメリカの女優、アンジェリーナ・ジョリーさんが参加した。

The situation in the Middle East
国連安保理の会合でシリアの現状について発言する米女優アンジェリーナ・ジョリーさん/国連ウェブサイトから

ジョリーさんは、これまでシリア周辺の難民キャンプを10回以上にわたって訪れている。

「国連は傍観者」と批判

ジョリーさんは、娘を性奴隷として武装勢力に奪われた母親や、空爆で母親が死亡し、5人の兄弟の面倒を見る11歳の少女の事例に言及した。

【関連記事】人権侵害の告発を始めた北朝鮮の女性たち・・・十代で売られる少女、軍隊内での性暴力の横行