中国では、北朝鮮からの脱北者は単なる不法入国者に過ぎず、人権などはまったく考慮されない。そうしたことから、脱北女性たちが売り飛ばされる、すなわち「人身売買」が横行しているが、最近になって相場が高くなっていると米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。

若い女性を選んで

中国の吉林省。人身売買された脱北女性の救出活動を行っているチョン氏はRFAの取材に対して次のように語った。

「中国の人身売買組織が、北朝鮮の軍人とグルになって多くの北朝鮮女性を脱北させている。年配の女性は人民元で1万元(約19万4000円)、20代女性は2〜3万元(約38万8000円~58万1000円)で売られている」

チョン氏によると、人身売買組織と北朝鮮国内のブローカーに加えて、北朝鮮軍人が結託。若い女性を選んで中国の河北省や黒竜江省などに売り飛ばされている。

脱北者が多かった2000年代初めには、若い女性は1万5000元で売られていたが、中国の物価上昇や国境警備の強化などの影響で、相場は倍になったという。

チョン氏によると、韓国に家族や親戚がいる脱北者はそちらに送り、いない場合は未婚の中国人男性に売り飛ばされるとのことだ。

金正恩体制は、最近、国境警備隊の隊員に実弾を支給するなど国境警備を強化しているが、除隊を控えた軍人たちは、その後の生活費を稼ぐために人身売買組織に加担する。

中国人男性に売られた脱北女性たちは、言葉も通じず身分証明書もないため、逃げ出して韓国などに行きたがっているとチョン氏は伝えた。

    関連記事