韓国の李完九(イ・ワング)首相が20日、裏金疑惑で辞任した。朴槿恵政権は2013年2月に発足して以来、3人の首相が辞退するという非常事態となっている。

李完九首相は、今年2月に朴大統領から首相に指名されたが、わずか2ヶ月で辞任。歴代最短の首相という汚名を被ることになった。

大統領府報道官によると朴大統領は、李首相の辞意表明について「非常に気の毒で首相の苦悩を感じる」と語った。

21日の閣議は、チェ・ギョンファン経済副首相兼企画財政相が主宰した。後任選びは南米を歴訪中の朴大統領の帰国後になる予定だ。

朴政権は、度重なる人事の失敗に加えて、側近7人に対しても裏献金疑惑が持たれており、今後も厳しい政権運営が予想される。