北朝鮮政府を相手取った民事訴訟が米国国内で相次ぎ、多額の賠償金の支払いを迫られる状態となっている。

ワシントンの連邦地裁 ©Phyzome
ワシントンの連邦地裁 ©Phyzome

米国の韓国語紙「米州中央日報」によると、中国で脱北者支援活動を行っていたキム・ドンシク牧師を拉致、死亡させた北朝鮮政府に対して、息子のキム・ハン氏、弟のキム・ヨンソク氏が起こした裁判で、ワシントンの連邦地裁は3億3000万ドル(約392億5000万円)を賠償せよという判決を下した。

裁判は昨年12月、ワシントンの連邦控訴裁判所が、故キム牧師に対する拷問と死亡の責任は北朝鮮にあることを認め、損害賠償を請求できるとの判決を下したことにより行われた。

キム牧師は、13人の脱北者の韓国行きを助けるなど脱北者支援活動を積極的に行っていたが、2000年に中国の延吉で突然行方不明となった。

2005年に韓国で逮捕されたスパイの証言から、キム牧師が北朝鮮に拉致されたことが判明。北朝鮮当局から「信仰を捨ててチュチェ思想を受け入れろ」と迫られたがこれを拒否したことから政治犯収容所送りとなり1年後に餓死したことが明らかになった。

韓国の聯合ニュースによると、この件をはじめ米国国内の複数の民事訴訟で北朝鮮政府が支払いを命じられた賠償金の総額は7億7千700万ドル(約924億円)に達する。

    関連記事