米国のオバマ政権が、北朝鮮に対し人権侵害を理由とした制裁発動の準備を進めているという。共同通信が19日、ワシントン発で報じた。

同通信が米政府当局者らの情報として伝えたところでは、米国政府は制裁対象となる人物の特定に必要な情報収集や該当要件の検討に着手したという。

米政府当局者はまた、「日本側から制裁の要請や(拉致の責任者、実行犯らに関する)情報提供があれば制裁対象として検討し得る」と語っている。

北朝鮮はこれまでにも、核・ミサイル開発に関連して国際社会から制裁を受けてきた。だが、人権問題は金正恩体制の存立の根幹にかかわるものでもあり、北朝鮮が最もナーバスになっている問題と言える。

【関連記事】米国がキューバと国交正常化へ。なぜ北朝鮮はダメなのか!?

米国が人権を理由にした初めての制裁を発動すれば、米朝の対立が激化するのは必至とみられる。

    関連記事