防衛省は12日、日米韓3カ国の防衛局長級による「日米韓防衛実務者協議(DTT)」を、4月16、17の両日にわたり米国のワシントンDCにおいて開催すると発表した。防衛省の徳地秀士防衛審議官、米側からシアー国防次官補、韓国は国防省の柳済昇国防政策室長が出席する。

北朝鮮の核・ミサイル問題への対応や情報共有、人道支援・災害救援などにおける日米韓3か国による協力について意見交換を行う予定。DTTはこれまで年1回程度の頻度で開催してきており、前回は昨年4月に行われた。

日本側はこの機会に、5月下旬にシンガポールで開かれるアジア安全保障会議に合わせた日韓防衛相会談の実現を働き掛ける考えだという。