セヌリ党の羅卿ウォン議員
セヌリ党の羅卿ウォン議員

「美しすぎる議員」として有名な韓国の与党セヌリ党の羅卿ウォン(ナ・ギョンウォン)議員に対して中国の高官が「美人」と発言。韓国内で「外交上礼を失している」と物議を醸し出したが、単純に通訳の誤訳であったことが明らかになった。

事の発端は、羅議員と中国の劉建超・外務次官補との会談で起きた。

劉次官補は羅議員に対して「顔値很高」という表現を使って褒め称えた。直訳すると「顔の価値がとても高い」という意味になるが、外見上の美人というよりは気品のある人という意味合いで、最近中国でよく使われている。

中国側の通訳は適切な表現がとっさに思い浮かばなかったらしく「美人」と通訳してしまったようだ。

THAAD配置問題やアジアインフラ投資銀行参加などで中韓の間で微妙な空気が流れている中で、自分の政策ではなく外見が今回の件の種となったことを羅議員は非常に不愉快で負担に感じているとのことだ。

    関連記事