デイリーNKは22日、中国・丹東の情報筋を通じ、北朝鮮の平安北道新義州(シニジュ)市の黄金坪(ファングムピョン)から現地に脱北した北朝鮮の兵士2人のうち1人が、中国人民解放軍に拘束・連行される場面の写真を入手した。脱北兵士は国境警備隊の所属で、拘束された当時、銃などの武器を携帯していたとされる。

写真が撮られたのは、黄金坪とは国境を流れる鴨緑江の支流をはさんだ対岸にある中国側の村。兵士は中国人女性1人を人質に抵抗していたという。情報筋は、当時の様子について次のように話す。

中国の兵士らに抱えられて連行される脱北兵士

「脱北兵士は人質を引きずって建物の屋上に上がるなどして、騒ぎが大きくなった。しかし銃器などで武装した中国の公安と兵士ら100人が集結し、あっという間に制圧した」

DNKF_13712_295691_1427007000_i
中国の兵士らに抱えられて連行される脱北兵士(中央の赤い丸)

一方、もう1人の脱北兵士の行方などについては、詳しい情報はない。

中朝国境地帯の中国側では最近、脱北兵士による強盗殺人が相次いで発生している。昨年末にも、吉林省延辺朝鮮族自治州の和龍県で脱北兵士が食べ物欲しさに老人4人を殺害する事件が起きたばかりだ。

    関連記事