北朝鮮の挑発に、韓国側がヒートアップしている。

聯合ニュースなどによれば、韓国軍合同参謀本部は22日、民間団体が予定している金正恩体制批判のビラ散布に北朝鮮が武力を行使した場合、「強力かつ断固として対処する」との立場を、報道資料を通じて明らかにした。

韓国では脱北者団体などが、北朝鮮による哨戒艦「天安」撃沈事件から丸5年を迎え、事件発生日である26日前後にビラ50万枚などを大型風船で北に飛ばすことを計画している。風船にはほかにも、金正恩氏暗殺を描いた米コメディー映画「ザ・インタビュー」が入ったUSBなどが大量にくくりつけられる。

北朝鮮の朝鮮人民軍はこれに対し、「各前線部隊管下のすべての火力打撃手段は、事前警告なしに無差別の気球掃滅作戦に進入する」と警告している。

昨年10月10日には、やはりビラ散布のために飛ばされた風船に北朝鮮側が高射砲を発射。韓国側が応射したことで、短時間ながら南北が銃火を交える事態となった。

ただ、韓国軍は北朝鮮による「天安」撃沈や延坪島砲撃に対しても本格的な反撃を控えてきた経緯があり、北朝鮮もその点を計算しているフシがある。

20150221島火力打撃訓練シルクワーム
北朝鮮が装備する対艦ミサイルの発射場面/2015年2月21日付労働新聞より