北朝鮮では、金日成氏からはじまる金一族の徹底した偶像化教育が行われている。

子どもたち向けには、「白頭山伝説集」という本がある。金日成氏の誕生から始まり、抗日遊撃隊時代を経て、解放直後に北朝鮮社会を導くまでの過程を説話の形でまとめたものだ。

白頭山伝説集

「白頭山伝説集」は、北朝鮮の社会科学者たちが、数百回も白頭山と中国東北地方を歩き回り、資料を収集して編纂され、「調査の過程を経て発掘・考証された資料で、客観的な事実に基づいている」とされているが、冒頭は次のような一文から始まる。

「白頭山伝説は、絶世の愛国者であり、百戦百勝の鋼鉄の霊将である偉大な金日成同志の不滅の抗日革命の業績を、万代に伝える貴い革命の財産であり、民族の知恵と才能が集大成された誉れ高い革命の遺産」

「昔から白頭山は、我が民族の霊山であり多くの伝説があるが、それは全て秘境にひかれた人々が荒唐無稽に作り出した話に過ぎない。我が民族の伝説的英雄である偉大な金日成同志が、栄え栄えしい抗日革命の烽火を掲げた20世紀前半期に至り、朝鮮の精気が詰まった真の伝説が生まれることになった」

しかし、同伝説集の内容は、次のタイトルだけを見ても、荒唐無稽な内容であることは容易に推測できる。

「白頭山の将軍星」「千里先を見る将軍」「落ち葉に乗って進む軍使」「目がある銃弾」「術法を学んだ隊員」「99種類の縮地法」「風に乗り進む将軍」