朝鮮労働党機関紙の労働新聞は6日付の紙面で、リッパート駐韓米国大使が襲撃された事件をカラー写真付きで報じた。北朝鮮メディアとしては異例の報道ぶりと言える。

掲載された写真は米CNN放送のニュース画面をキャプチャしたものなどで、記事は前日付の朝鮮中央通信の論評と同じ内容。朝鮮中央通信が事件当日に記事を出したことも、普段は見られない早さだった。

【関連記事】北朝鮮メディアが米大使襲撃事件を称賛 「正義の刃物の洗礼を加えた」

マーク・リッパート駐韓米国大使襲撃事件を報じる労働新聞大使戦争狂の米国に加えられた当然な懲罰20150306労働新聞マーク・リッパート襲撃事件
「戦争狂の米国に加えられた当然な懲罰」マーク・リッパート駐韓米国大使襲撃事件を報じる労働新聞/2015年3月6日付