少年は豆満江を渡り中国、ロシアを経てスウェーデンにたどり着いた(本文とは関係ありません)北朝鮮当局が、脱北者を防ぐため通報した人に昇進や労働党入党と特典を与える制度を導入したと米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が伝えた。

川が凍って渡りやすいこの時期に「冬の脱北者防止キャンペーン」を行っている。

昇進をエサに住民を脱北者摘発に駆り出す

咸鏡北道(ハムギョンブクト)の内部情報筋はRFAに次のように語ったという。

「中朝国境に流れる豆満江は、まだ凍ったままで脱北しやすい状況なので「冬の特別取締」に動員された国家保衛部の常務組は撤収できずにいる」

「今年の脱北者取締は例年以上に厳しい。さらに、脱北行為や密輸を通報すれば破格の報酬が約束されている」

「咸鏡北道の茂山(ムサン)郡セゴル里の保安員は、農民会議に4回もやって来て『脱北者を通報したら分組長(農民班長)に昇進させる』と宣言した。それを聞いた一部の人は川に近づく挙動不審者がいないか目を光らせている。保衛員や保安員は、村の若者を集めて糾察隊を作って取締に当たらせている」

危険性高まり脱北幇助の賄賂も暴騰

両江道(リャンガンド)の普天(ポチョン)郡に家族がいる在米脱北女性は「国境地帯の保安員たちは脱北者を捕まえた農場員の食糧配給を増やすと約束している」とRFAに語った。

さらに、脱北者を摘発した国境警備隊の隊員には「労働党入党」を約束して取り締まりのモチベーションを高めている。

国境地帯では、国境警備隊が保衛員を監視し、保衛員は国境警備隊の隊員を監視する「相互監視体制」が出来上がっている。

脱北者支援を行う人権団体の関係者は、取り締まりが厳しいため川を渡りにくくなっていると語る。

「国境警備隊員に「脱北幇助(脱北を手伝う行為)」がバレたら銃殺や懲役刑に処される危険性が高まり、脱北時の賄賂が暴騰している」

最近、韓国に入国する脱北者が急減していることから「脱北者」が少なくなったと見られがちだ。しかし、韓国行きを望まず、中国内で潜入する脱北者も多いことから、実際の増減は不明である。

    関連記事