北朝鮮の名峰七宝山 ©Uri Tours
北朝鮮の名峰七宝山 ©Uri Tours

北朝鮮はエボラウイルスの流入を極度に恐れて外国人観光客の入国を禁止しているが、その一方で外貨稼ぎのための外国人観光客の施設の整備に乗り出している。

咸鏡北道のデイリーNK内部情報筋は次のように伝えてきた。

七宝山観光道路の補修、拡張に半強制動員

「今月の初めから七宝山(チルボサン)へ向かう道路の補修や拡張工事が大々的に行われている。咸鏡北道(ハムギョンブクト)の労働党委員会と人民委員会幹部が建設の指揮をとっている」

「300キロを企業所ごとに半強制的に割り当てられているので、労働者たちは仕方なくガソリンを購入して石や土を運んでいる。女性たちはバケツと麻袋に土と砂利を入れて運んでいる」

内部情報筋によると、咸鏡北道の明川(ミョンチョン)郡にある七宝山は金剛山(クムガンサン)に次ぐ観光名所で、海に突き出した奇岩絶壁の見物で多くの中国人観光客が訪れるとのことだ。

外貨不足で外国人観光客を受け入れざるをえない北朝鮮

通常なら、毎年4月と10月の「国土管理総動員」期間中に行われる道路と川の土手の補修工事だが、なぜ今の時期に七宝山観光道路の補修工事が行われるのか。情報筋は次のように語った。

「道路補修工事は今まで春と秋にやるものだったが、今年は1月、2月の真冬に工事を行っている。工事責任幹部は『工事を早く終わらせて中国とロシアからの観光客を迎える』と労働者たちを急かしている」

「観光客を迎える」つまり、工事を急ぐ背景には「外貨不足」があるということだ。

「今のところエボラウイルスのせいで外国人が北朝鮮に入れないが、4月には国境が開放されるだろう。外貨を稼ぐためにも、当局は外国人観光客を受け入れざるをえない。そのために早めに準備しているのではないか」

七宝山観光道路は、1996年から7年かけて咸鏡北道の住民が総動員されてシャベルとつるはしだけで完成させたものだ。砂利の上に土をかぶせただけの道路なので雨が降ると土が流出してそのたびに補修工事に駆り出される。そうしたことから地元では「恨みの積もった道路」(内部情報筋)と呼ばれているとのことだ。