国連安全保障理事会は23日(日本時間24日未明)、戦後70年と国連創設70年をテーマに公開の討論会を開催。今月の議長国で討論会を主催した中国の王毅外相は「ファシズムとの戦争の史実は明らかであるのに、いまだに真実を認めようとせず、過去の侵略の罪をごまかそうとする者がいる」などと述べた。

日本を念頭に置いた発言と見られ、戦後70年談話をまとめる安倍晋三首相を各国注視の中でけん制した形だ。国連は第2次世界対戦の戦勝国を原加盟国として、大戦終了前に国連憲章の調印が行われた経緯がある。

    関連記事