朝鮮労働党中央軍事委員会拡大会議に参加する金正恩氏
朝鮮労働党中央軍事委員会拡大会議に参加する金正恩氏/2015年2月23日付労働新聞より

「朝鮮人民軍は万端の戦闘動員体勢を整えよ」

北朝鮮の労働新聞は23日、朝鮮労働党中央軍事委員会拡大会議が進行されたことを報道した。

同紙によると、拡大会議は金正恩氏の指導の下で行われ、党中央軍事委員会の委員と人民軍党委員会の執行委員、軍種、軍団級単位の指揮メンバーが参加。

拡大会議では「国家防衛事業の全般に一大転換をもたらすための重要な戦略的問題」と「組織問題」が討議されたと伝えられたが、「組織問題」に関する具体的な内容は明らかにされなかった。

金正恩氏は、演説を通じて「朝鮮人民軍の偏向」や「米国との戦争」に言及したが、一部抜粋して掲載する。

昨年の人民軍の活動において現れた偏向について指摘し、国家防衛の責任ある任務を受け持っている人民軍が恒常的にとらえていくべき戦略的路線と革命武力の強化発展のための課題と方途を明示した。

人民軍が敵の強要するいかなる戦争方式にもすべて対応できるように万端の戦闘動員態勢を整えていなければならない。

今後、米帝と必ず行うことになる戦争の遂行方式とそれに伴う作戦戦術的問題を明らかにした。

?(2015年2月23日付労働新聞より抜粋)

労働新聞は最後に、「(拡大会議が)敬愛する金正恩同志の賢明な指導の下、人民軍隊を無敵必勝の最精鋭革命強軍としてより強化していくうえで、新しい道しるべを設けた重要な契機となる」と締めくくった。

朝鮮労働党中央軍事委員会拡大会議で演説する金正恩氏
朝鮮労働党中央軍事委員会拡大会議で演説する金正恩氏/2015年2月23日付労働新聞より