北朝鮮の咸鏡北道(ハムギョンブクト)で昨年末から、金日成一族を偶像化する宣伝物の崩壊事故が相次いでいるという。しかし、当局は事故を隠蔽するために「内部敵対分子の仕業だ」と宣伝するが、住民は「単なる当局の管理不行き届き」と認識していると米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が伝えた。

RFAの消息筋によると「昨年11月、咸鏡北道の茂山郡(ムサングン)篤所里(トクソリ)にあった大型の油絵作品壁画「司令部を命がけで守って」が原因不明で崩壊したという。絵はセメントの壁の建物に掲げられていた。

「司令部を命がけで守って」は、1940年6月に金日成氏が率いる抗日パルチザンと満州軍「間島特設隊」の戦闘で、身を挺して金日成氏を守ったとされる金正淑氏が描かれた絵だ。絵が飾られた建物は1970年代後半に建設されたが、老朽化のために壁が崩れ油絵まで倒れてしまったという。

一方、16日には咸鏡北道の別の消息筋の情報として「茂山で、昨年11月初めに『1号絵画(1号とは金日成一族を表す)』が崩れる事故があった。同じ時期に、清津市(チョンジン)でも大型の宣伝スローガンが崩れた」とRFAは報じた。

事故に関連して、咸鏡北道の国境住民は「当局は、事故の原因を『韓国とつながった内部不純分子の策動だ!』と騒ぎたてている」と述べた。

しかし、地元の住民達は人為的な事故ではなく老朽化と単なる「管理不行き届き」によるものだと考えているようだ。

「金正恩体制になって、新しい銅像やスローガンなどの偶像物をつくっている。だから、既存の偶像化宣伝物が適切に管理されなくなったことが原因だ」(咸鏡北道の消息筋)

金日成氏と金正日氏の銅像
金日成氏と金正日氏の銅像