北朝鮮の労働新聞は21日、金正日総書記の誕生日(光明星節)を祝う「氷の彫刻祭典」のリポート記事を掲載した。

「金正日総書記の誕生日慶祝氷の彫刻祝典」は、今月5日から両江道三池淵郡で行われている。

両江道三池淵郡で開かれた「金正日総書記の誕生日慶祝氷の彫刻祝典」
両江道三池淵郡で開かれた「金正日総書記の誕生日慶祝氷の彫刻祝典」/2015年2月21日付労働新聞より

同紙によると、第1回目の出品数は約210点だったが、今年は1千点に及ぶ様々な作品が出品されたとのことだ。過去10年間に出展された氷の彫刻作品は計5千点で、年間60万人が来場したという。