ケリー米国務長官は18日、旧正月を祝うアジア太平洋の国・地域の人々に向けて談話を発表。オバマ大統領と米国民にかわって陰暦の新年を祝う世界中の人々の健康と幸運・幸福を祈るとしながら、米国もまた「太平洋国家の一員」であることを強調した。

また、「新年には挑戦しなければならない大きな課題が多いが、私たちが協力すればより大きなことを成し遂げられるだろう」としている。

米国では歴代国務長官が、旧正月に際しアジア太平洋地域に向けたメッセージを発してきた。

12499858194_eeb5fb16e9
昨年2月、ソウルを訪問したケリー米国務長官(左)と当時のソン・キム駐韓米国大使