平壌女性に人気の化粧品は

朝鮮総連の機関紙である朝鮮新報サイト版は14日、北朝鮮女性が最も好きな化粧品は、平壌化粧品工場の「銀河水(ウナス:天の川)」の化粧品と新義州化粧品工場の「ポムヒャンギ(春の薫り)」化粧品だと伝えた。

朝鮮新報は、「好きな化粧品は?」というタイトルの動画を配信。このなかで平壌第1百貨店の女性店員は、「私たちのデパートでは、平壌化粧品工場の「銀河水化粧品」と新義州化粧品工場の「ポムヒャンギ化粧品」を売っている。一番人気はポムヒャンギだと」と述べた。その他、人気があるのは「未来」「金剛山」だという。

朝鮮新報は5月7日に、北朝鮮が独自の技術で開発した「銀河水化粧品」を公開するとともに多様化で「10種類の紫外線皮膚保護化粧品」が発売されたと伝えた。

7月29日は、北朝鮮の西海の泥成分を抽出して開発した「真珠化粧品」に人気が集まっていると紹介した。

本当に人気があるのは「韓流コスメ」

北朝鮮いる親戚に化粧品を送ったという脱北者によると「市場で恐ろしく売れるのは韓国の化粧品だ。北朝鮮製のポムヒャンギが人気と言うが、韓流コスメとは比べものにならない。」と伝えた。

また、韓流コスメに比べると、中国製化粧品は敬遠されるという。

「韓国産か中国産かわからない化粧品は送って来ないでくれと言われる。中国産は市場で人気がないからだ」

金正恩氏は、人民生活の向上を強調し、軽工業分野への投資を増やしていることから化粧品生産にも力を入れていることを宣伝している。しかし、韓流コスメの人気には遠く及ばない現実があるようだ。

【関連記事】
正恩氏が執着する化粧品ブランド名に隠された「愛のメッセージ」
金正恩氏が「化粧品戦闘」を強調 「ナチュラルで刺激の少ない化粧品を開発せよ」

    関連記事