通常、北朝鮮で労働者を雇用するには担当機関に申し込むが、その際に機関の幹部から多額の賄賂を要求される。

また、賃金にランニングコストを含めると決して安いとはいえない。服の製造は月給40ドルに加えて税金、維持費、さらに定期的な賄賂まで含めると労働者1人雇用に月100ドルから120ドルかかる計算になると彼は説明した。

「中朝政府が運営する『経済特区』などには誰も期待していない。何も知らずに北朝鮮に投資して全財産を失い、自殺に追い込まれのは、一人や二人ではない」

それでも北朝鮮に投資する理由

投資環境は決していいとはいえないが、それでも北朝鮮に投資する企業家はいる。その理由について、あるビジネスマンはRFAに次のように語った。

    関連記事