日本のファンが「現地まで行って見たい」

金正恩時代を象徴する北朝鮮の音楽ユニット「モランボン楽団」が東南アジアツアーを企画していることが伝えられた。

北朝鮮の音楽ユニット「モランボン楽団」

【関連動画】北朝鮮のアイドルグループ「モランボン楽団」走ろう未来へ!

韓国紙の毎日経済は26日、対北朝鮮消息筋を通じてモランボン楽団が、シンガポール、マレーシア、インドネシアなど東南アジアなど4、5国のライブツアーを準備していると報じた。

対北朝鮮消息筋は「ツアー日程はまだ確定されていないが、現地の大使館などを通じて準備中だ」としている。

2012年に結成された「モランボン楽団」は、北朝鮮のみならず、日本や韓国、そして欧州にもマニアックなファンを持つ。未確認のニュースを受け、日本の複数のモランボン楽団ファンが、デイリーNKジャパンに次のように語った。

「今まではユーチューブでしか見られなかったので、もしツアーが実現すればぜひ現地まで行って見たいわ。可能ならツアーにくっつく“おっかけ”もしてみたい」(20代日本人女性)

「メンバーの写真をプリントした“アイドルうちわ”をつくって黄色い声を送りたい。もちろん写真は日本でも人気急上昇中のキム・ソルミ同志よ」(30代在日コリアン女性)

「北朝鮮では見たことがあるが、外国公演ともなればまた違った公演内容になるかも。海外の人がモランボン楽団を見てどんな反応を示すのか興味津々ですが、きっと歓喜の声で迎えられることでしょう」(30代日本人男性)

モランボン楽団は、一昨年から昨年にかけて、張成沢の粛清や北朝鮮の芸能界スキャンダルの余波を受け、若干停滞したことがある。楽団長、いわゆるバンマスのソヌ・ヒャンヒさんが、一時期に姿を見せなくなったが、現在は復帰している。

モランボン楽団の前身であるポチョンボ電子楽団から北朝鮮音楽をウォッチしている日本人のファンは次のように語る。

「昨年の9月以後、公演は行われていなかったので『また変なことがあったんじゃないかな』と不安でいっぱいでしたが、このニュースが本当なら一安心ですね。元気に歌って踊る姿を早く見てみたいです」

一方、北朝鮮の朝鮮中央通信は29日、李吉聖(リ・ギルソン)次官を団長とする朝鮮外務省代表団がベトナム、ラオス、カンボジア、ミャンマー、シンガポール、インドネシア、マレーシアを歴訪するために平壌を出発したことを伝えた。

北朝鮮の音楽公演は、単なる文化交流だけでなく水面下で行われる政治活動が本来の目的である。北朝鮮外務省の動きとモランボン楽団ツアー情報との関連性に今後も注目される。

    関連記事