韓国の李明博(イ・ミョンバク)前大統領が2月に出版する回顧録で、北朝鮮の金正日総書記側が複数回にわたり、南北首脳会談の開催を提案してきたことを明かしている。韓国メディアが29日、一斉に報じた。

lmbbook
李明博前大統領の回顧録

李氏は、北側が首脳会談の前提条件として韓国による大規模な経済支援を求めてきたため、拒絶したという。こうした水面下での接触経緯が明かされることで、「北が反発する可能性」(聯合ニュース)も指摘されている。

ちなみに北朝鮮は大統領在任中の李氏を、きわめて強い調子で非難していた。

李氏はまた、2012年8月の島根県の竹島(韓国名・独島)の上陸については大統領就任前から上陸の意思を持っていたと記している。